1. くまざわ耳鼻咽喉科
  2. 診療内容
  3. 頭頸部腫瘍

頭頸部腫瘍

首のしこりに気づいた時やのどのつまり感、違和感がある時に、何科を受診するのがいいのかご存知でしょうか?

基本的には、耳鼻咽喉科(頭頸部外科)に受診、あるいはご紹介いただくのがよいと思います。首のしこり(頸部腫瘤)は、本当にいろいろな種類がありますので、診断する耳鼻咽喉科医の経験と知識によりかなりの差が出てきます。ましてや、内科医や一般外科医では診断の精度にかなり限界があります。頸部の前部では甲状腺腫瘍、正中頸嚢胞等、頸部の横なら側頸嚢胞、頸部リンパ節腫脹、神経鞘腫、リンパ管腫等、耳下部や顎下部であれば耳下腺、顎下腺腫瘍、リンパ節腫脹等があり、他科の先生では耳下腺腫瘍や顎下腺腫瘍をリンパ節腫脹と間違われる場合も多いよ うです。特に悪性腫瘍である頭頸部癌となれば、口腔癌、上・中・下咽頭癌、喉頭癌、鼻副鼻腔癌、耳下腺・顎下腺の唾液腺癌、甲状腺癌等その種類は多岐に渉ります。外来でこれらの病気を診断するため、

  1. 手で触れて探る丁寧な触診をすること、
  2. 鼻の奥、咽頭、喉頭、食道の癌を見つけるための内視鏡(ファイバー)観察をすること、
  3. 最も非浸襲的で精度の高い情報が得られる超音波エコーの観察をおこなうこと。頸部腫瘤に対してこの頸部エコーは、耳鼻咽喉科・頭頸部外科医が技術的に一番慣れています。同時にエコーガイド下で穿刺細胞診を行うことができるため、適確に診断することが可能となります。穿刺細胞診は、注射針を目的の腫瘤に刺入し細胞を吸引し顕微鏡下でその性状を診断するのですが、ほとんど身体に影響がありません。これだけで、癌の転移リンパ節や、甲状腺癌といった悪性疾患を診断できる場合も多く、非常に有効な検査です。当院では、甲状腺病変を認めれば穿刺細胞診を行っております。
  4. そのほか、血液検査や腫瘤によってはCTやMRIを診療所のそぐ近くにある施設に依頼します。どうしても診断がつかない場合や明らかに癌を疑う場合は、組織の生検による組織学的検査のために、ご本人に説明の上より設備の整った耳鼻咽喉科・頭頸部外科専門病院へ紹介し、精査および加療して頂きます。

また、なるべく、食道の上1/3の食道頚部はできるだけ観察するようにしており食道癌を疑う際には、胃食道の内視鏡検査による精査を消化器内科専門医にお願いしています。頭頸部癌の発生頻度に比べて食道癌の発生頻度が多いためか、当院でも年に2-5例の食道癌を見つけています。

pagetop